Windows Vista情報はここで! ―マイクロソフト推奨サイト Win7 [Vistaサイド]―    [Vistaサイド]Win7 では MVP執筆書籍 の全内容を公開中! iモード/EZweb/SOFTBANK 携帯アクセス対応
[Vistaサイド]Win7 MS推奨サイト
Win7.jp
[Win7]では Windows 7 の情報を随時更新中! 64ビット版Windows7 から Windows XP Mode , デスクトップExp 等々
Windows "7" 情報は
[Windows7サイド]Win7
Vista 情報は
[Vistaサイド]Win7
公開中!
Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド for ”Windows 7/Windows Vista/Windows XP” 全サーバークライアント対応 Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド
for"Windows7/ Vista /XP"全サーバークライアント対応
  [なんとなく管理者]の強い味方&ベストセラー書籍が全面改定で新登場 ローカルエリアネットワークの管理と構築 、ルーター設定、無線LAN設定、セキュリティ、バックアップなど 小規模ネットワークに即した現実的対処を解説! [目次一覧]
ひと目でわかる“XP Mode”&仮想マシン活用テクニック "XPモード書籍" が登場! 第1章の書籍内容をWebで公開中
ひと目でわかる“XP Mode”&仮想マシン活用テクニック
基本をしっかり解説&XP Mode環境の複数化や復元ディスク等の実践テクを掲載! カスタマイズ,仮想マシンへの Vista /Win7導入, LAN参加設定, 7HomeシリーズでのXP Mode環境構築 等々の解説を満載! MVPコンビ執筆第二弾! [内容目次一覧]
前門の [Windows 7] 、後門のXP、Vistaが生きる(活きる)道は… Windows Vista[最終完全]マニュアル Win7のXP Mode Win7操作環境構築 [Windows8サイド]Win7

Windows Vista Ultimate対応

BitLocker機能の概要(盗難セキュリティ)

Windows VistaやWindows7上位エディションが保有する、BitLocker機能の正体について知りましょう。
「BitLocker」はハードディスクを暗号化して、パソコンからハードディスクのみ抜き出された場合でも、内容漏洩を防ぐ機能ですが、特殊機能ゆえ、動作と意味を十分理解してから適用する必要があります。
あらゆる手段によるデータへのアクセスをブロックする仕組みなので、必然性がある場合のみ適用することをオススメします。
なお、適用方法そのものについては、ФHKV1147Фを参照してください。

○BitLockerに必要なもの

Windows Vista UltimateのBitLocker機能の概要
「BitLocker」はパソコンに内蔵するTPM(Trusted Platform Module)チップとUSBメモリーを組み合わせることで、ハードディスク上の任意領域を暗号化することができます(TPM/USBメモリーを必要としないセットアップもあります)。

>>ビジュアルガイド(つづき)を読む<<

Windows Vista Ultimate/Business/Homeシリーズ対応

セキュリティ状態をチェックしてWindows Vistaを安全に運用するには

セキュリティの三要素は「マルウェア対策」「ファイアウォール」「Windowsそのものに対するセキュリティパッチ適用」なのですが、この三つの要素をチェックして、警告表示してくれるのが、Windows Vistaの「セキュリティセンター」です。
セキュリティセンターでは、この三要素に問題があるとWindows Vistaの通知領域に警告表示します。

○セキュリティの確認

セキュリティ状態をチェックしてWindows Vistaを安全に運用するには
☆セキュリティに問題があると、通知領域に「セキュリティセンター」アイコンが表示されます。

>>ビジュアルガイド(つづき)を読む<<

Windows Vista Ultimate対応

ノートパソコンを紛失した場合や盗まれた場合を考えた対策を行うには(盗難セキュリティ)

ノートパソコンを持ち歩いて運用している場合、ノートパソコンそのものを紛失してしまったり、盗まれた場合を考えなければならない環境があります。
たとえば、会社の機密情報や顧客情報を持ち歩いている場合、ノートパソコンの内容を第三者に閲覧されてしまうと会社に甚大な被害を与えてしまいます。
そのような状況における対策のひとつが「BitLocker」です。
以下では、BitLockerの適用方法を説明しますが、BitLockerの概要については、ФHKV1208Фを参照してください。

○BitLockerの適用

ノートパソコンを紛失した場合や盗まれた場合を考えた対策を行うには
ノートパソコンを紛失した場合や盗まれた場合を考えた対策を行うには
☆[スタート]メニューから「すべてのプログラム」-「Extrasとアップグレード」-「Windows Ultimate Extras」と選択し、Ultimate Extras項目の中から「BitLockerとEFS拡張機能」をダウンロードします。

>>ビジュアルガイド(つづき)を読む<<

Windows Vista Ultimate/Business/Homeシリーズ対応

セキュリティセンターの警告を抑止するには

「セキュリティセンター」は、Windows Vistaのセキュリティ設定に不具合がないかを通知してくれるツールですが、セキュリティ設定を任意に解除しているような環境では、警告が不要(わずらわしい)場合があります。
セキュリティ設定を熟知している状況でかつ、「セキュリティセンター」警告を抑止するには以下の設定に従います。

○設定手順

セキュリティセンターの警告を抑止するには
☆コントロールパネルの「セキュリティセンター」を選択します。「Windowsセキュリティセンター」から「セキュリティセンターの警告方法の変更」をクリックします。

>>ビジュアルガイド(つづき)を読む<<

Windows Vista Ultimate/Business対応

Windows Updateで「更新プログラムを自動的にインストールする」を設定している際に、Windows Vistaの自動的な再起動を抑止するには

Windows Vistaの「Windows Update(ФHKV1138Ф参照)」は、更新するプログラムを自動的に導入することができますが、システム系の更新があった場合には、自動的に「再起動」が実行されることがあります。
再起動の際にはダイアログが表示され、猶予時間が与えられますが、サーバー利用のパソコンではメッセージを確認できないまま再起動が実行されてしまうことも考えられます。
作業の中断や自動的な再起動は困るという場合には、以下の設定を適用します。

◎Windows Updateによる自動的な再起動とは

Windows Updateで「更新プログラムを自動的にインストールする」を設定している際に、Windows Vistaの自動的な再起動を抑止するには
☆「Windows Update」で「更新プログラムを自動的にインストールする」を設定している場合、自動的にWindows Vistaの「再起動」が実行される場合があります。

>>ビジュアルガイド(つづき)を読む<<

Windows Vista Ultimate/Business/Homeシリーズ対応

一定時間経過したら、デスクトップを自動的にロックさせるには

人の出入りが多いビジネス現場などでは、デスクトップを操作可能のまま放置するのは危険です。
パソコンを人に触らせないためには、先に説明した「ロック」を実行すればよいのですが、ついつい忘れて席を離れてしまった場合などを想定するのであれば、以下の「一定時間デスクトップ操作をしない場合にはデスクトップをロックする設定」も有効です。

○設定手順

一定時間経過したら、デスクトップを自動的にロックさせるには
☆コントロールパネル(クラシック表示)から「個人設定」を選択します。「スクリーンセーバー」をダブルクリックします。

>>ビジュアルガイド(つづき)を読む<<

Windows Vista Ultimate/Business/Homeシリーズ対応

ファイアウォール設定を確認/有効にするには

ファイアウォールは直訳すると「防火壁」という意味です。ネットワーク通信において、必要な通信(通信の入り口:ポート)以外を遮断する機能があり、外部ネットワークからの攻撃に対して壁になる効果があります。
なお、ファイアウォールは、Windows Vista標準機能のほか、アンチウィルスソフトなどに付属されていることがありますが、この場合どちらか一方を有効にするようにします。

○ファイアウォールが有効か無効かを確認する


ファイアウォール設定を確認/有効にするには
☆コントロールパネル(クラシック表示)から「セキュリティセンター」を選択します。ファイアウォールの欄で有効か無効かを確認できます。

>>ビジュアルガイド(つづき)を読む<<