Windows Vista情報はここで! ―マイクロソフト推奨サイト Win7 [Vistaサイド]―    [Vistaサイド]Win7 では MVP執筆書籍 の全内容を公開中! iモード/EZweb/SOFTBANK 携帯アクセス対応
[Vistaサイド]Win7 MS推奨サイト
Win7.jp
[Win7]では Windows 7 の情報を随時更新中! 64ビット版Windows7 から Windows XP Mode , デスクトップExp 等々
Windows "7" 情報は
[Windows7サイド]Win7
Vista 情報は
[Vistaサイド]Win7
公開中!
Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド for ”Windows 7/Windows Vista/Windows XP” 全サーバークライアント対応 Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド
for"Windows7/ Vista /XP"全サーバークライアント対応
  [なんとなく管理者]の強い味方&ベストセラー書籍が全面改定で新登場 ローカルエリアネットワークの管理と構築 、ルーター設定、無線LAN設定、セキュリティ、バックアップなど 小規模ネットワークに即した現実的対処を解説! [目次一覧]
ひと目でわかる“XP Mode”&仮想マシン活用テクニック "XPモード書籍" が登場! 第1章の書籍内容をWebで公開中
ひと目でわかる“XP Mode”&仮想マシン活用テクニック
基本をしっかり解説&XP Mode環境の複数化や復元ディスク等の実践テクを掲載! カスタマイズ,仮想マシンへの Vista /Win7導入, LAN参加設定, 7HomeシリーズでのXP Mode環境構築 等々の解説を満載! MVPコンビ執筆第二弾! [内容目次一覧]
前門の [Windows 7] 、後門のXP、Vistaが生きる(活きる)道は… Windows Vista[最終完全]マニュアル Win7のXP Mode Win7操作環境構築 [Windows8サイド]Win7

Windows Vista Ultimate/Business/Homeシリーズ対応

デスクトップ画面が正常に表示されない場合には

表示設定変更直後などで、デスクトップ正常に画面が表示されない、あるいは画面がズレる場合には、「画面リフレッシュレート」の設定が適切ではない場合が考えられます。
アプローチ方法としては二つあり、まずディスプレイ側の調整機能で設定します。またそれでも直らない場合には、リフレッシュレート設定を変更します。

○ディスプレイの設定

デスクトップ画面が正常に表示されない場合には
☆ディスプレイの「AUTO」ボタン(画面調整ボタン)を押して、デスクトップ表示が政情になるか確認します。

>>ビジュアルガイド(つづき)を読む<<

Windows Vista Ultimate/Business/Homeシリーズ対応

Windows Vistaを利用するために必要なパソコンのハードウェアスペックは(Windows Vistaのシステム要件)

Windows Vistaに必要なハードウェアの最小要件については以下のようになります。
なお、以下はあくまでも「最小要件」であり、Windows Vistaを快適に動かすには、より高いハードウェアスペックが求められます。
なお、パソコンのハードウェアスペックが優れている場合、ハードウェアを積極的に利用する構造を持つWindows Vistaはより快適に動作します。

>>ビジュアルガイド(つづき)を読む<<

Windows Vista Ultimate/Business対応

セキュリティを考えてUSBメモリーを読み込みのみ許可(書き込み不可能)に設定するには

USBメモリーは、パソコン内のデータ移動に非常に便利な反面、重要なデータを外部に簡単に持ち出だせてしまうという側面もあります。
ビジネス現場などで漏洩しては困るデータファイルを扱っている状況では、USBメモリーに対してデータの書き出しを不可能にする(ファイルの持ち出しを禁止する)設定が推奨されます。

○USBメモリーを読み込み可、書き出し禁止に設定

セキュリティを考えてUSBメモリーを読み込みのみ許可(書き込み不可能)に設定するには
☆[スタート]メニューの検索ボックスに「GPEDIT.MSC」と入力して「Enter」キーを押します。「ローカスグループポリシーエディタ」が起動します。

>>ビジュアルガイド(つづき)を読む<<

Windows Vista Ultimate/Business/Home Premium対応

Windows Aeroモードを有効にしたい場合のハードウェア構成

◎Windows Aeroを利用するためのハードウェア

Windows7におけるRadeon HD 4670
Windows Aeroを利用するには、一定の利用条件を満たしている必要があります。利用できない場合には「ハードウェアの対応」と「ハードウェアの設定」を確認します。
なお、Windowsのエディションによっては、Windows Aeroに対応していないことにも留意してください。
Windows Aeroを利用するには、パソコンのビデオカード(グラフィックアクセラレータ)が、以下の要件を満たしている必要があります。

>>ビジュアルガイド(つづき)を読む<<

Windows Vista Ultimate/Business対応

USBメモリーなどのリムーバブルメディアの利用を禁止してセキュリティを高めるには

ビジネス環境などでセキュリティを考えて、フロッピーディスクドライブや光学ドライブ、USBメモリーなどのすべてのメディアの読み書きを禁止したい場合には、以下の設定を適用します。
なお、すべてのメディアを制限しないものの、持ち運びやすいUSBメモリーのみ書き込み不可能(データの持ち出し禁止)にしたい場合には、ФHKV1149Фを参照してください。

○設定手順

リムーバブルメディアの利用を禁止してセキュリティを高めるには
☆「ローカスグループポリシーエディタ」の左ペインで「コンピュータの構成」-「管理用テンプレート」-「システム」-「リムーバブル記憶域へのアクセス」と選択します。右ペインの「すべてのリムーバブル記憶域クラス:すべてのアクセスを拒否」をダブルクリックします。

>>ビジュアルガイド(つづき)を読む<<

Windows Vista Ultimate/Business/Homeシリーズ対応

デスクトップ画面の解像度を変更するには

デスクトップ画面の解像度(縦と横のドット数)を変更したい場合には、以下の手順に従います。
なお、基本的に「液晶ディスプレイ」で決められた解像度に設定しないと、液晶ディスプレイはドットで画面が構成されている関係上、周りに黒いふちができる、画像がミザミザするなどの問題が起こりますので、基本的には液晶ディスプレイの解像度にあわせた設定を適用するようにします。

○設定手順

デスクトップ画面の解像度を変更するには
☆コントロールパネル(クラシック表示)から「個人設定」を選択します。

>>ビジュアルガイド(つづき)を読む<<

Windows Vista Ultimate/Business/Homeシリーズ/Windows XP(※1)対応

USB接続英語キーボード(HIDキーボードデバイス)を利用していて、キーがうまく入力できない場合には

USB接続のキーボードをWindowsに接続した場合、標準設定では(付属のデバイスドライバを入れない限り)キー配列に限らず「日本語キーボード」と設定されてしまい、一部のキーがうまく入力できません。
「USB接続の英字配列キーボードを利用したい」など、USB接続キーボードにおいてWindowsで自動認識されるキー配列を変更したい場合には、レジストリでキーボード配列を変更します(PS2接続のキーボードレイアウト変更については、ФHKV1001Фを参照してください)。

◎確認方法


USB接続の英字キーボード。本Tipsは、このキーボードを正常に利用するための設定です。

>>ビジュアルガイド(つづき)を読む<<