Windows Vista情報はここで! ―マイクロソフト推奨サイト Win7 [Vistaサイド]―    [Vistaサイド]Win7 では MVP執筆書籍 の全内容を公開中! iモード/EZweb/SOFTBANK 携帯アクセス対応
[Vistaサイド]Win7 MS推奨サイト
Win7.jp
[Win7]では Windows 7 の情報を随時更新中! 64ビット版Windows7 から Windows XP Mode , デスクトップExp 等々
Windows "7" 情報は
[Windows7サイド]Win7
Vista 情報は
[Vistaサイド]Win7
公開中!
Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド for ”Windows 7/Windows Vista/Windows XP” 全サーバークライアント対応 Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド
for"Windows7/ Vista /XP"全サーバークライアント対応
  [なんとなく管理者]の強い味方&ベストセラー書籍が全面改定で新登場 ローカルエリアネットワークの管理と構築 、ルーター設定、無線LAN設定、セキュリティ、バックアップなど 小規模ネットワークに即した現実的対処を解説! [目次一覧]
ひと目でわかる“XP Mode”&仮想マシン活用テクニック "XPモード書籍" が登場! 第1章の書籍内容をWebで公開中
ひと目でわかる“XP Mode”&仮想マシン活用テクニック
基本をしっかり解説&XP Mode環境の複数化や復元ディスク等の実践テクを掲載! カスタマイズ,仮想マシンへの Vista /Win7導入, LAN参加設定, 7HomeシリーズでのXP Mode環境構築 等々の解説を満載! MVPコンビ執筆第二弾! [内容目次一覧]
前門の [Windows 7] 、後門のXP、Vistaが生きる(活きる)道は… Windows Vista[最終完全]マニュアル Win7のXP Mode Win7操作環境構築 [Windows8サイド]Win7

Windows Vista Ultimate/Business/Homeシリーズ対応

Windows Vistaのライセンス認証を確認するに/実行するには

Windows Vistaは自分が所有/導入するパッケージが正規品であることを証明するために「ライセンス認証」をインストール後一定の日数以内に実行する必要があります。
また、一度ライセンス認証が終了したパソコンであっても、ハードウェアを大幅に変更した場合には再ライセンス認証が求められることがありますが、現在のライセンス状態の確認、ライセンス認証実行については、以下の手順に従います。

○ライセンス状態の確認

Windows Vistaのライセンス認証を確認するに/実行するには
☆コントロールパネル(クラシック表示)から「システム」を選択します。「ライセンス認証」欄でライセンス認証の状態が確認できます。なお、認証を行っていない場合には残日数が表示されます。

○ライセンス認証の実行

>>ビジュアルガイド(つづき)を読む<<

Windows Vista Ultimate/Business/Homeシリーズ/Windows XP(※1)対応

セーフモードにおける、各起動方法の詳細を知る

セーフモードには「セーフモード」「セーフモードとネットワーク」「セーフモードとコマンドプロンプト」の三つがありますが、それぞれの意味は以下のようになります。
トラブルの種類によって、使い分けるのが効果的です。
なお、起動方法については、ФHKV1005Фを参照してください。

○起動選択

セーフモードにおける、各起動方法の詳細を知る
☆セーフモード起動は「セーフモード」「セーフモードとネットワーク」「セーフモードとコマンドプロンプト」の三つから選択することができます。

>>ビジュアルガイド(つづき)を読む<<

Windows Vista Ultimate/Business/Homeシリーズ対応

Windows Vistaを利用するために必要なパソコンのハードウェアスペックは(Windows Vistaのシステム要件)

Windows Vistaに必要なハードウェアの最小要件については以下のようになります。
なお、以下はあくまでも「最小要件」であり、Windows Vistaを快適に動かすには、より高いハードウェアスペックが求められます。
なお、パソコンのハードウェアスペックが優れている場合、ハードウェアを積極的に利用する構造を持つWindows Vistaはより快適に動作します。

>>ビジュアルガイド(つづき)を読む<<

Windows Vista Ultimate/Business/Homeシリーズ対応

XPとVistaでは文字の形そのものが異なることについて(Vistaでは同じフォント指定でもXPと漢字の形が異なる!!)

Windows Vistaと以前のOSとでは、文字の形そのものに違いがあります。
具体的には、Windows Vistaでは「JIS2004」という文字体系が採用されていますが、Windows XPまでのOSは「JIS90」が採用されているため、同じ文章(テキストファイルや、ワードに保存したファイル)、同じ文字コードであっても、Windows VistaとWindows XPで文字の形が違うのです。
ちなみに、現在のプリンタのほとんどはWindowsにインストールされたフォントを利用して印刷を実行するため、Windows VistaとWindows XPでは結果的に印刷結果が異なるということにもなります。

◎文字の「形」が異なることを確認

Windows XPとは文字の形そのものが違うWindows Vista/Windows Vistaで拡張された文字について
☆同じ内容の文章ファイルをWindows VistaとWindows XPで開いた比較です。双方の「文字体系」が異なるため、文字の形そのものが違った表示になります(MS明朝とMSゴシック(MSPも含む)、サードパーティーフォントは、この限りではありません)。

>>ビジュアルガイド(つづき)を読む<<

Windows Vista Ultimate/Business/Homeシリーズ対応

Windows Vistaのデスクトップの文字がWindows XPと違うような気がする

Windows VistaとWindows XPでは、デスクトップに利用されているフォントそのものが違います。
Windows XPでは、画面フォントに「MS UI Gothic」というフォントを利用していましたが、Windows Vistaでは「メイリオ」というフォントを利用しており、可読性を向上させています。
比較してみると一目瞭然ですが、メニュー表示などもWindows XPのようなか細い文字ではなく、非常にしっかりした見やすいフォントが「メイリオ」なのです。
なお、Windows Vistaは「文字の形そのもの」もWindows XPに比べて変更されています(ФHKV1066Ф参照)。

◎Windows VistaとWindows XPとの画面比較

Windows Vistaのデスクトップの文字がWindows XPと違うような気がする

>>ビジュアルガイド(つづき)を読む<<

Windows Vista Ultimate/Business/Homeシリーズ対応

Windows Vistaの高速化(起動時に自動起動するプログラムを確認して不要なものを停止する)

Windows Vistaには、実行中のプログラムやスタートアップに登録されているプログラムの詳細な情報を表示する「ソフトウェアエクスプローラ」という機能が実装されています。
この機能を利用してプログラムの発行元、デジタル署名の有無など、Windows Vistaで実行されるプログラムについての詳細情報を確認できます。
また、スタートアップに不要なアイテムがある場合には、この不要なアイテム起動を無効にすることにより、Windows Vistaが高速化します。

○操作手順

Windows Vista起動時に自動起動するプログラムを確認するには
☆[スタート]メニューから「すべてのプログラム」-「Windows Defender」を選択します。「Windows Defender」が起動したら「ツール」をクリックします。

>>ビジュアルガイド(つづき)を読む<<

Windows Vista Ultimate/Business/Homeシリーズ対応

パソコンの物理メモリーの正常性を確認して、Windowsを安全に運用するには

アプリケーション動作やWindowsの動作が不安定になる、ファイルコピーがうまくいかない、データが化けるなどの症状が現れた場合、要因のひとつに「物理メモリーの不良」が考えられます。
物理メモリーは負荷をかけたときだけ問題が発生する、ある一部のアドレスだけ問題があるなどわかりにくいものなのですが、Windowsの「Windowsメモリー診断ツール」を利用することで異常がないかを確認することができます。

○パソコン起動時に「メモリー診断ツール」を実行する

パソコンの物理メモリーの正常性を確認して、Windowsを安全に運用するには
☆パソコンを起動して、Windowsを起動する手前で「F5」キーを入力して「Windowsブートマネージャ」を表示します。

>>ビジュアルガイド(つづき)を読む<<